Japan

生理中にスポーツするときはどんなことに気をつけたらいいのかな? かいてきにスポーツを楽しむために、少しだけ工夫してみよう。

〈生理期間中〉ふつうの日

体育の授業(じゅぎょう)や部活、水泳や体操などの習いごと、普段の生活でスポーツをするとき。

体育の授業や習いごと

こんな準備をしてみよう♪

経血(けいけつ)モレ

ナプキンがずれて経血がモレてしまうんじゃないかと心配なとき。

  • ●羽つきタイプのナプキンでズレを防ぐ
  • ●経血をしっかり吸い込む吸収力の高いナプキン
  • ●いつもよりからだにフィットする生理用ショーツ
  • ●動いてもズレる心配がないタンポン

経血量やどれぐらいからだを動かすかによって、ナプキンやタンポンの種類を決めてみよう

ムレ

汗をたくさんかいてムレやすいから、かぶれたりニオイが気になるとき。

  • ●負担が少ない肌にやさしいナプキン
  • ●ニオイが気にならない香りつきのナプキン
  • ●汗がこもらないように通気性がいいナプキン

運動して汗をかいたりするときには、肌に負担のかからないナプキン選びがポイント

水泳

水の中に入るのでナプキンができないとき。

  • ●タンポンならプールもOK ※8時間以上の使用はしないでください。
  • ●冷えたからだを温めるための上着
  • ●生理痛がある場合は無理せず休む

生理中に海やプールに入るときはタンポンを使ってみましょう。生理初心者さんでも使えるよ!

〈生理期間中〉特別な日

運動会や試合、修学旅行(しゅうがくりょこう)など、いつもとはちがう環境(かんきょう)ですごすとき。

運動会/大会や試合/修学旅行

こんな準備をしてみよう♪

運動会

  • ●スリムで運動中もごわつかないナプキン
  • ●タンポンなら長時間トイレに行けなくても安心 ※8時間以上の使用はしないでください。
  • ●あいた時間にはナプキンを取り替える
  • ●事前におうちの方や先生に相談

運動会では団体行動が多いから、行きたいときにトイレに行けないことも。生理用品選びを工夫してみよう

大会や試合

  • ●上着などでからだを冷やさないようにする
  • ●生理痛でつらいときはおうちの方に相談して薬を飲む
  • ●体調が悪いときは無理をしない

試合や大会は緊張の連続。生理痛がつらいときにはからだを温めたり、大人に相談してお薬も選択肢に。ただし無理は禁物です。

修学旅行

  • ●いつもよりも大きめサイズで吸収力が高いナプキンを使う
  • ●寝(ね)る前には必ずトイレに行って夜用ナプキンに替える
  • ●万が一モレてしまっても大丈夫なようにタオルを多めに持っていて布団にしく

オリエンテーションなど外での活動が多い学校の旅行はトイレの回数も減りがちだし、夜寝るときの不安も。そんなときは吸収力の高いナプキンを使おう

生理中もいつもと同じようにスポーツを楽しむためには、自分のからだがどのような周期になっているかを知っておくことが大切です。

生理周期とは生理がきてから次の生理が来るまでの期間のこと。人によってちがいはありますが、だいたい28日間で4つの期にわかれています。生理前、生理中、生理後それぞれでからだやこころは少しずつちがうもの。自分が今どんな状態(じょうたい)なのかを知って、その状態に合わせたスポーツの取り組み方を考えてみましょう。

生理周期とからだのリズムを知ろう

※音声はありません。

  • ❶生理中

    女性ホルモンの分泌(ぶんぴつ)量が少ない時期。疲れやすく、だるさを感じることがあります。生理痛になることもあるので、つらくなったらスポーツはお休みすることを考えて。

  • ❷からだの準備期間(生理後)

    女性らしさをつくるホルモンがたくさん分泌(ぶんぴつ)される時期で、からだの内側で赤ちゃんを迎える準備をします。体調がいいと感じる時期なのでアクティブにスポーツを楽しみましょう。

  • ❸たまごが飛び出す(排卵期)

    女性らしさをつくるホルモンの分泌量がとても多くなり、体の準備ができてたまごが飛び出します。少しだるさを感じることもあるので、体を動かしてリフレッシュを!

  • ❹次のたまごを待つ期間(生理前)

    妊娠(にんしん)に関係するホルモンが分泌される時期。頭やお腹(なか)が痛(いた)くなったり、イライラ、ねむくなるなど不調が出てきます。体調と向き合って、無理のないようスポーツを楽しみましょう。

※体調には個人差があります。

★こちらもチェック!

生理周期のチェックの仕方

生理が始まった日と終わった日を手帳やカレンダーに書き込んで、自分の生理が何日周期でやってくるのかをチェックするようにしましょう。

手帳やカレンダー、アプリなどを使ってチェックしてみよう!

★こちらもチェック!

アプリで生理周期を記録してみよう!
「ソフィ 母娘で簡単!
はじめての生理日管理」

自分の生理周期がわかっていれば、それに合わせてスポーツを楽しめるよ♪このアプリならタップするだけのカンタン操作だから続けていけるはず。

アプリについてくわしくはこちら
アプリをすぐにダウンロード
  

ここがポイント!

  • ●自分の生理周期を知っておく
  • ●女性ホルモンの影響(えいきょう)でからだに不調を感じるのは誰にでもあることだから、心配しすぎない
  • ●からだに不調を感じたり、つらくなったときには無理せずスポーツをおお休みすることを考える
  • ●少しでも気になることがあったらおうちの方に相談する

★使ってみよう!

スポーツをする機会が多い女の子へ

「習っているスポーツをもっともっとうまくなりたい」「将来はオリンピック選手になる!」など、夢があるのはとてもいいことです。
ただ、将来の夢を実現するためには、ひたすら練習をするだけでなく、変わっていくからだの変化を受け入れてうまくつき合っていくことが大切です。

夢を追いかけることはとてもステキ。でも自分のからだをいたわることを忘れないで。

からだがつらくても「夢のためだから」と無理をすると、成長しているからだによくない影響をあたえてしまうことがあります。
女性には生理というからだの状態を知るための目安があるので、自分のからだの状態を知ってしっかり向き合っていきましょう。

生理の悩みにはこんな対策をしてみよう!

  • ●生理痛

    からだの冷えで生理痛になる場合があるので、お腹を温めて冷やさないようにしましょう。また、おうちの方に相談して薬を飲むのもいいでしょう。

  • ●生理がこなくなる

    無理なダイエットや大きな悩みや心配ごとが原因(げんいん)になります。きちんと食事をし、自分がリラックスできる環境(かんきょう)をつくりましょう。

  • ●生理周期がバラバラ

    生理が始まったばかりのころは周期が不安定なことが多いので、あまり心配せずに規則正しい生活を心がけましょう。

生理は女性ホルモンによって起こるので、そこにトラブルがあるということは女性ホルモンがきちんと分泌されていないということです。なので、「スポーツに集中できるから生理がこなくてラッキー!」なんて思うのは大まちがい! 女性ホルモンには生理に関係あるだけでなく、骨をつくったり、血管を強くしたり、肌や髪をキレイにしたりと、からだづくりにはとても大切なものです。そのため、この女性ホルモンが分泌されないとからだの成長に影響が出てしまいます。

★こちらもチェック!

おうちの方や保健の先生など信頼できる大人に相談しましょう!

少しでも気になることがあったり、困ったことがあれば、ガマンしたり自分だけで解決(かいけつ)しようとせず、おうちの方に相談するようにしてください。

はじめてからだナビ らぶ♥スポ部